国際教養科の教育目標

21世紀は、グローバル化が一層加速し、社会全体が高度に複雑化し続ける予測困難の時代です。このため私たちは様々な問題に直面したとき、問題の「本質」を把握し解決策しようとする姿勢と能力が必要となります。その土台として豊かな教養、実践的英語力、論理的思考力、日本文化・異文化への深い理解力が重要であるといえます。
本校の国際教養科では、これらの能力を身につけ国際社会で活躍し、地域社会で積極的に貢献することができる「グローバルな人材」の育成を目指しています。

  • 外国人講師による授業

  • 外国人留学生との異文化交流

毎年、留学生を受け入れています。留学生たちは授業や様々な行事に参加をしながら日本文化について学び、日本人生徒たちと交流を深めています。

国際教養科のコース選択

国際教養科では2年次にGコース(Generalist)、Sコース(Specialist)に分かれます。 Gコースは、国公立大学進学に対応したカリキュラムとなっています。

Sコースは、第2外国語(フランス語・中国語)を学ぶ他に、国語や英語を多く学び、私立大学進学に対応したカリキュラムとなっています。

教育課程表

グローバルな視野を育成する独自の行事

English Camp (2年生)

小学校出前授業 (1年生)

愛・知・みらいフォーラム出前授業  (1,2,3年生)

オーストラリア英語研修【隔年実施】(1,2年生)

English Assembly

English Day