普通科の教育目標

国際教養科のある学校の普通科として、国際理解教育にも力をいれています。

普通科「三つの方針」

1 目指す生徒像(育成を目指す資質・能力に関する方針)

◆幅広い知識と豊かな経験を身に付けようと努力できる人
◆主体的に判断し、周囲と協力して行動できる人
◆互いの価値観や多様性を受け入れ、認め合うことができる人
◆地域社会と多文化共生社会のために、協働して貢献できる人

2 本校における学び(教育課程の編成及び実施に関する方針)

◆ICT等を活用した対話的な学びと探究活動の実現
◆多様な教育的ニーズに配慮した、少人数指導による丁寧な学習支援
◆生徒の特性や興味・関心に応じた丁寧なキャリア支援
◆外国の学校や外部機関との連携による特色ある教育活動
◆規範意識を高める道徳教育及び人権教育
◆生徒の人間力を高める特別活動の充実

3 入学を期待する生徒像(入学者の受入れに関する方針)

◆多様性を尊重する態度を備え、積極的に交流しようとする人
◆多文化共生社会の実現に向けて、意欲的に取り組める人
◆得意や不得意に関係なく、目標達成に向けて粘り強く取り組める人
◆国際理解に興味・関心を持ち、学校生活全般を前向きに頑張ろうとする人

普通科のコース選択

普通科では2年次にGコース(Generalist)文系、Gコース理系、Sコース(Specialist)に分かれます。

Gコースは、文系・理系ともに、国公立大学進学に対応したカリキュラムとなっています。Sコースは、文系科目を中心に学び、私立大学進学に対応したカリキュラムとなっています。

教育課程表